マンスリーマンションのポイント

マンスリーマンションとは

主に1カ月単位など短期間で借りられる賃貸住宅をいい、あらかじめベッドやテーブルなどの家具・冷蔵庫や洗濯機やテレビなどの家電品などの生活用品が一式備わっていることが多く、初めてのひとりぐらしや転勤などの場合はすぐに生活が始められるという利点があります。建物1棟がマンスリーマンションとして賃貸されている場合や一般の賃貸マンション等の1室のみ貸出されていることもあり、運用している会社により異なっています。

マンスリーマンションの活用方法と利点

活用される多いケースとしては、単身赴任・出張・研修などが多くなります。以前は出張というとビジネスホテルに泊まる人が多かったですが、近年では慣れない土地でせめて部屋にいる時間はくつろぎたいという理由でマンスリーマンションを希望する人が多くなっているようです。また、マンスリーマンションを活用する利点としては、短期間の入居の場合、賃貸契約にかかる敷金・礼金が不要であったり、家具家電を一式そろえる手間が省けるという点もあります。

マンスリーマンションと一般の賃貸住宅との違い

マンスリーマンションは、長期滞在には割高となり生活機能が通常より低下してしまうホテルと入居時の手続きが煩雑で引っ越し費用もかかってしまう賃貸住宅のそれぞれのデメリットの中間として存在しています。2008年3月に定期借家法が施工されたことで、新たな賃貸モデルとして認知度が上がったとされています。一般の賃貸住宅は主に2年契約で初期費用として敷金・礼金がかかる場合もありますが、マンスリーマンションの場合は、敷金・礼金は不要とされています。

マンスリーマンションは、契約が1ヶ月ごとになっているのが特徴です。短期間の滞在に向いているマンションです。