ママのお仕事さがしの実態とは

女性の活躍する社会の実現

子育て中のママにとっての優しい環境づくりが大きく求められる社会になってきました。いわゆる女性が光り輝く社会やライフワークバランス、一億総活躍社会などといった取り組みが国家レベルで進められるなど、社会全体にも女性を支援する流れが巻き起こっています。背景には、高齢化社会や少子化の問題があるとされています。先進国と呼ばれる国の中でも日本の高齢化については突出しており、厚生労働省や関連省庁においても、対策を講じるなどしています。

子育てと仕事の両立に向けて

高齢化社会進行に伴い、生産労働人口の減少傾向という由々しき事態になっています。この問題については、国力低下にもつながるとして、抜本的な解決策を模索しようとする動きが起こっています。そんな中において、子育て中や介護に追われる女性を短時間勤務などによって、実際の労働の現場に呼び込もうとする動きが起こっているのです。ママのお仕事さがしといった取り組みとして、ネット上などにおいても、盛んに話題を集めています。

日本が成長を続けるためには

子育て中の女性が安心して仕事ができるような環境整備が急がれています。保育園や幼稚園、こども園などの未就学児童の面倒をみる機関や施設が必要です。昨今においては、待機児童ゼロなどといった言葉が声高に叫ばれており、国や自治体が中心になり、環境整備に注力しています。しかしながら、肝心の保育士が足りないといったことが問題として浮き彫りになってきています。医療介護現場と同様に人手不足の状況を解消することが求められます。

主婦のパートなら好きな時間に働けます。家事と子育てを両立させられるので、私生活に影響を及ぼすこともありません。