お客様を第一に考えて!送迎ドライバーに求められるもの

時間を確実に守れる事

送迎ドライバーにとって時間の厳守というのは最も大事な基本的ルールと言えるでしょう。時間を守れなければ日々利用するお客様に大きな迷惑が及んでしまう上に、ドライバーの派遣元となる会社の監督・責任問題にも発展しかねません。簡単に言えば信用を落とす原因となる訳で、指定された時刻に送迎元に伺い、外的なトラブルが無ければ、最初に説明した所用時間ぴったりに送迎先に送り届けなければなりません。送迎ドライバー程時間管理に厳しい職業は無いと言っても過言ではないでしょう。

接客マナーをしっかりと守れる事

送迎ドライバーとは言え根本的にはサービス業ですから、車に乗せるお客様に対するマナーは常にしっかり維持されていなければなりませんよね。専属ドライバーとして派遣されてから仕事にも慣れ、日々送迎をしているお客様とも雑談を交わせる様になったとしても、所詮はお客相手のサービスである事を忘れてはならないでしょう。言動に失礼が無い様常に気を配り、それと共に、お客様に不快感や不安感を与える様な雑な運転をしない様心掛けるべきなのです。

車に関してもプロである事

送迎ドライバーのもう一つの大事な仕事として、日々扱う送迎車のメンテナンスが挙げられるでしょう。日々お客様を無事に目的地に送り届ける為、また運転中にお客様に対して不安を与えない為にも大事な事ですよね。その為には送迎前後に常に車の各部をチェックし、異常が見られないか確認出来る事。付け加えるなら急なトラブル時にも落ち着いて短時間で解決が図れるかどうかが大変重要となってくるのです。もちろんドライバーのスキルとして、混雑時の迂回ルートを始めとした現地地理に関する知識の豊富さも挙げられるでしょう。

専属運転手とは、会社役員や著名人など多忙かつ、高収入の人の専属で、その人の代わりに運転をし、その人の移動を支える仕事です。